0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - |
    << BGMはクラフトワーク! | トップ | オジサンって Dをディーじゃなく…デーって言います!(^-^) >>
    0
      ボウイ…布袋さんのいたバンドは暴威
      1452959810771.jpg
       改めまして…明けまして…いやいや…年頭の挨拶をするには…ちと…日数が経ち過ぎてしまいましたな(^_^;)

      年明けから…いろんなことがありすぎて…

      あんなことやこんなこと…

      個人的には元旦から…いやいや…大晦日から呑み呑み呑み…それのみ!(笑)…いや失敬(^_^;)
      …なので…元旦二日の連続新年会に臨むにあたっては…
      ウコンドリンクをすっかり弱りきった我がレバーに
      3本投入!(^_^;)…多少は効果があったか…(^_^;)

      にしても…呑み過ぎの三ヶ日でありましたな(^_^;)

      さてさて…皆さんはどんな年明け/新年を迎えておられますでしょうか?

      そして…年明け早々…大変ショックなことが…

      まさか!?…ウソだろ!?…本当!?
      頼むから…ウソって言って!

      …デゥィッドボウイ死去…

      ツィッターで誰かが…NEWSをアップしていて初めて知った…

      1月10日/日本の日付だと1月11日。

      年明けにニューアルバムを発表した矢先の…

      本当に信じられない/信じたくない!訃報でした…

      ウソだろ!と声を上げてしまった…

      ウソだろ!と声を連発してしまった…



      「…スターマンなんぞかけてくださいませ。」

      「…〇〇さんからのリクエストでデヴィットボウイ…『スターマン』」

      今や日本のロックの〇力団体と化してしまっている(笑)…いやいや失礼(^_^;)…日本のロックのご意見番(笑)…いやいや(笑)

      日本にロックを定着させた…とでもヨイショ!しときましょうか(笑)

      ロックのことなら…この人に!

      伊東正則!…違う!

      大貫憲章!…違う!

      萩原健太!…違う!

      小倉エージ!…違ぁぁぁう!(笑)

      その昔…まだ日本にロック雑誌たるものが(モチロン…インディーズ系は除く)存在しなかった頃
      1970年代初期…

      First in rock journalism と銘うった

      今をときめくかの

      『ロッキング・オン』の総監督…いやいや…高みなじゃねぇよ(笑)
      『ロッキング・オン』の創刊者にして社長である
      その人…

      あ〜長かったなここまで…(^_^;)

      森脇美貴夫……違うっちゅうに…

      ご紹介しましょう!

      この人…岩谷宏!  

      スミマセン…小ネタ回しすぎました(笑)。

      その『ロッキング・オン』の社長がNHK - FM でやっていた番組『ヤングジョッキー』って言う…ザックリと紹介すると…ロックミュージック(主に洋楽)をかける/解説をするっていう番組。因みに…〇十年近く経った今でも社長はNHK - FM でほぼ同じ内容で番組をやってます…番組名は変わってますがね。

      …でその番組で…当時…ロックを聞き始めたばかりの
      ロック初心者の我輩(笑)は…

      初めて…デヴィットボウイの曲をまともに聴いたのでありまして…。

      …でほぼ同時期に…NHK 総合で放映していた…
      『ヤングミュージックショウ』…これも…ロック初心者の田舎のガキ我輩にとっては当に神!のような番組でして…NHK 万歳!我輩が誰に何と言われようとNHK をリスペクトして止まないのは…この二番組に多大なる恩恵を(ちょっと相変わらず大袈裟ですが(笑))受けたからであります!…だから…〇〇なんて奴に会長をやらせずに…我輩にNHK 会長をやらせろ!(笑)…金は無いけど暇なら結構あるぞ!(笑)

      …でその『ヤングミュージックショウ』でもボウイのライブ…をやっていて…それで…初めて動くボウイをボウイのヴィジュアルを初めて見たのであります!
      …たしか…ジギー、アラジンセインの頃のツアーではなく…拠点をアメリカに移した?頃の…
      『ステイション・トゥ・ステイション』を出した頃のツアーのライブ映像だったと思うのだが…

      ビートルズから入って…ツェッペリン、パープル等々ハードロックに興味を持ち始め(弾けないクセにエレキギターを初めて買ったのもこの頃…今でも弾けんが(笑))たのだが…衝撃のパンク/ニューウェーブとの出会い!その音楽に惹かれると同時にそのファッションにも興味津々だった我輩には…スタイリッシュなボウイのヴィジュアルは…ドンピシャッ!…ステージてボウイが被っていた…ポリスキャッブみたいなのは…
      ジュリー/沢田研二が
      『憎みきれないろくでなし』を歌う時のコスチュームに使ってたな。流石日本のボウイ!(^-^)

      これ…『ヤングミュージックショウ』を見たすぐ後ぐらいに…我輩にロックをビートルズを教えてくれた…我輩をロックの道(笑)に引きずり込んだ張本人のいとこ(笑)が…
      「デヴィットボウイは歌が下手だ!ブライアンフェリーはもっと下手だ!」と言ってたのを覚えている(笑)。
      ボウイもフェリーもブラックミュージックの大ファンでブラックミュージックへのリスペクトからその唱法を真似ていたのだが…当時の我々にはそんなこともわからずに…(笑)。


      所謂…ベルリン三部作
      『ロウ』『ヒーローズ』『ロジャー』ボウイの音楽を意識的に感じ始めたのは…この頃からかな…
      先述の『ヤングジョッキー』全て取り上げてたからね…

      …でも…レコードは持ってなかったな(スミマセンm(_ _)m。)。CD 時代になってから揃えたんだけどね(^_^;)。
      80年に出た『スケアリーモンスターズ』も同様。

      京都で堕落した学生時代をおくってた…

      1983年…賛否両論…ってか…ボウイのファンからはほぼソッポを向かれる形になった…セールス的には大成功(おそらく…ボウイのキャリアの中では最大のヒット?)のアルバム…当時超売れっ子のプロデューサーナイルロジャースプロデュースによる
      『レッツダンス』。
      始まったばかりのMTVでもガンガン流れてたっけ。

      そして…三度目の来日!

      『シリアスムーンライトツアー』と銘打って5箇所6公演!(因みにボウイはティンマシーンも含めて7度の日本公演を行っています。)

      1983年10月31日(月)京都府立体育館
      2階北側す列74番6000円

      最終公演の地…京都…直前の大阪万博公園でのコンサートでは…『ヒーローズ』の時にオーディエンスがヒートアップして…一時コンサートが中断!…ボウイ自らがオーディエンスの危険を察してか…『ストップ!』と…曲の途中で止めたとか…。
      大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』への出演の話題も手伝ってのことか?

      …で見に行ったよ京都府立体育館

      …会場にやたらと…モッズっぽい奴等がパーカーを羽織った奴等が…居たのを今も鮮明に覚えています!(^_^;)。

      時代はニューウェーブ全盛!
      50年代にニューウェーブなアレンジ?のスーツのボウイ!モダニズム/ダンディズム溢れたステージ衣装!カッコ良かったなぁぁ(^-^)

      あっ!そう言えば…お笑いコンビ「イワイガワ」のジョニオさん(眼鏡かけた方)はボウイの大ファンらしく…彼の衣装はこの『シリアスムーンライトツアー』の時のボウイの衣装を参考にしているんだとか(笑)。

       流され安い我輩…大半のロックファンボウイファンに右習えで…『レッツダンス』以降のボウイを封印(^_^;)…1993年の『ブラックタイ・ホワイトノイズ』発表まで封印。
      …ってもそのあとの『アウトサイド』以降はアルバム買わなきゃと思いながら…今日まで。

      結局…8度目の来日公演は…。

      ラストアルバム…

      『ブラックスター』黒星どころか…

      永遠の『金星』だよ!(^-^)。


      写真は…『シリアスムーンライトツアー』のパンフレット…我輩の宝物(^-^)

      言うまでもないが…我々の年代(歳は既にバレバレですが…)にとって…ボウイとはモチロン!デヴィットボウイのことであるが…ある年代にとっては…布袋さんのいたバンドのことのようだ…因みに布袋さんいたバンドは…結成当時…『暴威(ボウイ)』と表記していたと思うのだが…極々初期ね6人編制だった頃。























      1452960422602.jpg
      1983年10月31日(月)京都府立体育館2階北側す列74番
      携帯から(2号) | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
      0
        スポンサーサイト
        - | 01:05 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://tennessean.jugem.jp/trackback/760