0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - |
    << no title | トップ | スッカリゴブサタシテイルアイダニ… >>
    0
      ジャンクフード…止められる?
      1413904471553.jpg
      スナック菓子…カ〇ビーの「かっぱ〇び〇ん」の出現は大きかったかなぁぁ…ヤッパリ…。
      ♪止められない止まらない…♪このジングル/CM …おやつ/お菓子と言えば…甘いもの…ってイメージは無くなった!
      スナック菓子っていうジャンルの登場!

      そして…カ〇ビー「ポテトチップス」
      エキセントリックアイドル女優の元祖とも言うべき…藤〇美〇子を起用した…

      「¥100でカ〇ビーポテトチップスは買えますが…カ〇ビーポテトチップスで¥100は替えません…」

      このボテトチップスの登場で…スナック菓子がお菓子…おやつのメインストリームに躍り出たのは間違いないと思う。

      丁度…我輩が高校生の時…このポテトチップスが大ブレイク!(歳がオモッキリバレますが(笑))
      集まると…ポテトチップスとコ〇・〇ーラの1リットルボトル(昔はあったのだよ!…モチロン…瓶!…清涼飲料のペットボトルが出て来るのはもっともっと後の話。…我輩よりも上の年代には500ミリリットルの瓶…ホームサイズがお徳用として売れてたはず(^_^;)。

      我輩が…高校生時代を過ごした当時の島根県松江市にあった…ファストフード…
      駅近くのショッピングセンターの中にあった…ド〇ド〇、そこから僅か100メートル足らずのところにあった…ケ〇タッキーフ〇イドチ〇ン。

      両方とも高校生の時には…ほんの数回しか行ったことなかった…。

      この頃…都市部を中心に展開していた…マドナ〇ドはモチロン…我が松江には無かった!…なんだか「マツコ村上の月曜から…」のスタバの有る無しみたいな感じですが(笑)

      我輩が本格的ファストフード?(どんな表現や(笑))

      マ〇ドナ〇ド

      に触れるのは…予備校時代(意外に苦労してるでしょ?…ってか勉強してなかっただけだけどね(笑))

      神戸三ノ宮センター街でなんだが…。

      因みに…我々…関西系(スマン…とりあえず…関西で学生時代を過ごしたので…(^_^;))は…マ〇ドナ〇ドのことを…

      マクド…と言うが、

      関東および…関西圏以外では

      マック…と言うらしい。

      因みに…我が松江でも…マック…と呼ぶのが一般的らしい。

      マ〇ドナ〇ドよりもモ〇バーガーの方が山陰/松江への進出は早かった…今は松江にはお店は無いけど…ロッ〇リアもマ〇ドナ〇ドよりも早く出店していた。

      ……牛丼/うどんからハンバーグ等々…我輩が高校生の頃からは想像もつかないくらい…この松江にもファストフードのお店が増えた……。


      今の子供(どのくらいの年代を対象にするのか…その辺り…忘れたが…)大体…2割から3割くらいが味覚障害だとか…
      その理由の一つとして挙げられるのが…
      ジャンクフード/ファストフードを幼い頃から多く摂取していることらしい…。

      …なんて…柄にもなく…世を憂いてみました!(^_^;)。


      ……でも…体に悪いものって…旨ーよな(笑)


      11月8日(土)は松江B-1
      「ロッカウェイビッチ…」へ!

      ヴァイオレッツ(東京)、私の思い出(京都)がやって来るよ!

      唐突に…宣伝も入れてみました!

      よろしくハニー!(笑)


      携帯から(2号) | 00:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
      0
        スポンサーサイト
        - | 00:17 | - | - |
        コメント
        http://youtu.be/mPAEWqai1c0
        http://youtu.be/XKoeDBT3fhM
        先週のギョガンライブ、動画アップしたのでよかったら見てみて下さいー!
        | ツカ | 2014/10/24 1:02 AM |

        ツカやん…ありがとう!(^-^)
        | テネシアン小出 | 2014/10/24 9:50 PM |

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://tennessean.jugem.jp/trackback/739